SOUVENIR PROJECT STORE 

旅人30名の旅の思い出を販売する「世界のお土産ストア」


EVENT REPORT(イベントは終了しました。) 

2016年1月23日(土)~28日(木)、SAAに縁のあるフォトグラファー、キュレーター、スタイリストなど30名の旅人に、その方の視点で世界各国の「SOUVENIR(お土産/記念品)」を選び、持ち帰って頂きチャリティー販売する「SAA SOUVENIR PROJECT」のイベントを行いました。


SOUVENIR PROJECT とは 旅人独自の視点を通じて楽しむ異国体験。そんな「旅」の楽しい循環を、ネパール大地震復興支援のためのチャリティー活動に繋げたい!との思いから、2015年7月(SAA設立時)に、このプロジェクトは始まりました。


全てのお土産には、旅人の皆様のセレクトの理由や心に残った旅の写真など、

その旅を振り返るメモリーシートが付いています。

これがそのメモリーシート。


ちなみに、ほとんどが売り切れていますが、アーカイブとしてSAAを運営するSAFARIのオンラインストアですべてのお土産とメモリーシートの内容を見る事が出来ます。


あのお土産もう一度見たいなという方や、ご来場が難しかった方もぜひご覧ください。

オンラインでももちろんメモリーシートもお付け致します。

>>SAFARI STORE



上の写真は巣立っていったお土産たち。。。

5日間で300名を越える方にご来場いただきました。

みなさまにご協力いただき、特定非営利活動法人シャプラニール市民による海外協力の会へ募金することができました。


関西初出品のポーランドの揚げドーナツ「ポンチキ」も登場しました。(写真下)


SOUVENIR以外のミニマーケットコーナーには、SOUVENIR PROJECT にも出品してくださった「チャルカ」さんの東欧雑貨も置いていただきました。



他にはスタイリスト・東ゆうなさんとSAAによる

世界中から集めてきた楽しい雑貨出品していただきました。


出品いただいた旅人の皆様、ご来場いただいた皆様、
 本当にありがとうございました!


出品者:井上美幸(編集者)、岡野彩子(ドイツ語翻訳者/大学講師)、オキモトアキラ(フォトグラファー)、荻田純(アートディレクター)、金湖史郎(PAD店主)、くどうかずみ(salon de thé okashinaohana ~可笑的花~オーナー)、久保よしみ(チャルカ店主)、栗栖良依(SLOW LABELディレクター)、小泉智子(アートマネージャー)、小磯千尋(大阪大学外国語学部非常勤講師)、後藤哲也(OOOデザイナー)、漣健次(スタイリスト)、下坂浩和(建築家)・宮田有香(美術館資料室スタッフ)、次六尚子(神戸ファッション美術館学芸員)、角田明子(フォトグラファー)、寺田愛(国立民族学博物館イベント担当)、冨尾宝之(ワインアドバイザー/ワインショップ・トムギャルソン代表)、橋本梓(国立国際美術館主任研究員)、東ゆうな(スタイリスト)、平木奈々子(すみこ袋作家/サルデーニャ島プレゼンター)、福島加恵(アートディレクター)、藤谷依子(HAIR & MAKE nico オーナー)、藤本則子(Mandarin rose 主宰)、前田充子(メイクアップアーティスト)、松尾愛理紗(フリーランスライター)、松尾郁子(ワークショップデザイナー/ジュエリー作家)、矢鳴菜都(スイス在住現地ガイド)、山本聖子(美術家)、Clémentine Sandner(ファッションデザイナー)、Mieko Ise(社会科教諭) 岡田 久仁子(写真屋赤丸 Photographer)


出品:キルシュブリューテ ポンチキヤ ほーせき 東ゆうな


0コメント

  • 1000 / 1000